スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝統
伝統というがなぜ続けられるのか。
細分化された社会は存在しない。しかし、我らの視界によってすべては分類され、その意思によって、可能性は広げられる。意思は単にそれだけであって、すべてを覆い尽くそうというものだけに真実が与えられる。

我らには永遠の無知が与えられた。無知こそが利益への欲求の原石だと教えられる。

伝統という現在、過去をひきつける現在がそこにある。失われたものだけが過去と暗い記憶の中で呼ばれる。それは、時とともに退廃していくものなのだと言える。時に己だけを失うことを許す、優秀な数の現在としてあるべきは多くを失ってきた。

奴隷制度という伝統がなぜ失われてきたのか。生産から消費へと経済の需要が変わるとき、ただ盲目なものは機械によって奪われた。そして、より高度な組織の必要性において、同一性で無く、細分化された個が必要となった。共産主義が失ったものも伝統といえるなら、その必然は限界的な視界に物質があふれていたということだとおもえる。

続けられるものには、その構成員にたいして利益があるということは確かだ。汚職や談合、犯罪がなくすことを求められるのは、限られた範囲でしか利益を生まないからであり、一方で、宗教の利益は、発展段階によって満ちることで失われていく。それは、宗教というものの利益が心の安定にを目指すものだからかもしれない。

天皇制という伝統は、何を我々に与えているのだろうか。という疑問がある。確かに何かを与えられている。象徴としてあるということを。
樹齢のない巨木にもとめられるのは、その力であり、樹齢のある古木は神となる。

森の中でただあるというものに意思をもつということが伝統ということ。時の中でその伝統というものが生物的に限界が来るのなら新しくまた時を待つのか、その古木の上に種を撒くのか。多くの神話は、その神秘性によって受け継がれてきたように思える。

伝統が失われるときは常に残酷で、多くのものが受益者から奪われる。今失われようとしている。伝統の受益者がこの国のすべてであるあら何のためにこの利益は奪われるのか。

待ち続けることが救いなら、この停滞が生物の伝統への愛情という奇跡によって神秘的な可能性は優雅に膨らんでいくように思える。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。