スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場 特別版

チャーリーとチョコレート工場 特別版は、貧乏でも心豊かな家庭のチョコレート大好きな子供が変わったチョコレート工場の見学行く話。

ファンタジーとしての要素が大きくつまった作品ですが、子供の豊かな発想とは隔たりがあり、硬直した大人のファンタジーとしての世界のなかで、子供が入り込むというのが現実です。

そのため、ところどころに違和感があります。チャーリーとチョコレート工場 特別版は、その特別な空間より、その発達した社会性のなかでの子供のあきらめという現代的で現実的な問題を含んでいると同時にそれを解決しようとせず放置する怠慢の作品です。



現実は想像に常に敗北しているように思われるだろう。しかし、敗北した現実もまた、意識下には存在しないことから想像に近いとも言える。

意識はただ感情を、過程を分析する塊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。