スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジア情勢を読む地図 |浅井 信雄
アジア情勢を読む地図アジア情勢を読む地図
浅井 信雄
新潮社 刊
発売日 2001-11



アジア事情を公平に知る本です 2004-12-07
 仕事の関係先がアメリカの2、3の各州にまたがっていた。どんな所だろう
と興味がわき、アマゾンで検索して、浅井さんの『アメリカ50州を読む地図
』を見つけて、購入して読んだ。
 ブック・レビューでみなさんが評するように、50州とワシントンDCが公
平にコンパクトにまとめられていて、非常によかった。それで、同じ著者のこ
の本を買って読んでみた。
 上記の図書は、それぞれが歴史的にも違う、個性のある多彩な州の集まりだ
ったとはいえ、アメリカという一つの国の話しでした。この本もこういった調
子で、中国、インド、韓国と順にのっていると思っていたが、そういう視点か
らの本ではなかった。
 アジアは、それぞれ歴史的にも地域的にも絡み合う上、政治体制も異なるた
め、一ヶ国づつぶつ切りにして解説したところで、正しい理解はできないと思
われたのか、テーマ別に関係する国々を一緒に解説している。これが、おそろ
しく広い視点である。しかも、これを一人でやっているところが驚きである。
だから、文章も最後まで変わらない。そのため実に読みやすかった。
 知ってるようでいて、あまり深く考えなかったアジアって、大陸があり、た
くさんの島があり、面積はこんなにも広かったんだ! これだけの民族、国・
地域、宗教、歴史があって、それぞれのかかえているお国の事情が違う……。
もう、頭がクラクラした。これがヨーロッパやアフリカ、南米だったら、「そ
りゃいろいろあるさ」ぐらいで他人事のように読めるけれど、日本が属するア
ジアの事情となると、そうも言っておれない。
 その中で白人国家のアメリカが、なぜかくもハワイからフィリピン、グアム
、はては中国と、太平洋から続いてアジアへとどんどん介入してくるのかと以
前から不思議に思っていたが、実はアメリカの「西へ、西へ」という西部開拓
の延長線上に、アジア・太平洋があるという指摘には新鮮な感じをうけた
(アイジアに噴出したアメリカの「西部開拓」の章)。
 インドと中国、日本と中国、台湾と中国、どんな重たいテーマの話しでも、
あまり注目されない国や地域の話しでも、公平に1つのテーマに、地図を入れ
て、きっちり7ページで紹介している。
 新聞記者のご出身だけあって、どの章も浅井さんの他の本と同じ、感情をま
じえず淡々とした文章です。人によっては、このあたりを、物足りなく思うか
もしれませんが、テーマによっては、こういう書き方の方があっていると思い
ます。
 「これがアジアだ!」とばかり、自分の小さな体験を声高につづる本がゴマ
ンとある中で、客観的にアジアを紹介するこのような本の存在は貴重です。ア
ジアのことを勉強してる学生にも役立つと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。